注意すべき医師

患者の口

虫歯というのは突然痛くなるというイメージが強いですが、虫歯の菌に冒されてから急激にひどくなるのではなく、最初は狭い範囲が虫歯の菌に冒され、その時点では痛みはなく、少しずつ進行していって神経に達すると痛みが生じるという流れになります。なので、初期の段階で虫歯を治療すれば痛みがない状態で治すことが出来ますが、痛くないからといって放置してしまうと、一気に悪くなってしまい、神経を抜いたり、歯を抜くといった治療をするしかなくなってしまいます。ただ、どの段階であっても虫歯を放置した末に生じた痛みは、治療することでなくすことが可能です。あまりに進行してしまうと、自分の歯を残す形での治療は出来なくなるので、早めに歯科に行った方がいいでしょう。

長い間放置した状態の虫歯への対処方法として代表的なのは神経を抜いてしまうというものです。神経を抜く理由ですが、神経が痛みの原因になるからです。神経を抜く場合ですが、歯を抜くことはありません。歯はそのままの状態で神経のみを抜くという形になります。勘違いしてはいけないのは、神経を抜いたからといって、今後虫歯にならないということではありません。自然な歯が残っているのであれば虫歯の菌は繁殖するからです。神経がないので虫歯がどんなにひどくなっても基本的には痛みはないですが、歯がぼろぼろになってしまいます。なので、虫歯の治療によって神経を抜いた後でも、しっかりと歯ブラシで磨いて、虫歯にならないようにしなければなりません。